消しゴム

お店のオープンの時、文具を扱うか否か迷ったのですが、小学生の頃から消しゴムを集めるのが好きで、今でも処分できずに持っている私としては、文具も少し販売したい。そんな欲求に勝てず、オープンから今まで、MONOのシリーズを少し販売しています。オープン当時は何でMONOがあるの?とよく聞かれました。

今では消しゴムのMONOですが、本来は鉛筆が先。その鉛筆をキレイに消せるプラスティック消しゴムが付録として登場したのです。キレイに消せる消しゴム。学生時代は必須でしたよね。でも消しゴムの魅力はそれだけではないから不思議です。これ絶対消しにくい。。と予想ができても買ってしまうのが消しゴム。

まさに、みなさん、初めてのジャケ買いは消しゴムではないでしょうか。パッケージのみならず、寿司やフランクフルトの消しゴム、うっかり買いそうになった事ありませんか?見るだけのミニチュアと違って、消しゴムとなると、途端に”使える”と理由がついて、買ってしまう。。箸置きもその気がありますよね。餃子の形の箸置き、先日買いそうになりました。

最近のキルシッカプーは文房具が増えています。やっぱり細々したものがいろいろあると楽しいですね。消しやすい消しゴムと、消しにくい消しゴム、、いえいえ、ジャケ買いの消しゴムもご用意しています。みなさん、どちらがお好みですか?

このピーナツ、箸置きにも使えそうじゃないですか?使える理由が2つも。買うっきゃないですよ。

2019.7.13.小雨

投稿日: カテゴリー blog